コビトのお部屋

チェスト選びのコツ

ハンガーラックとボロボロになったプラスチックチェストを処分しました。

a0233594_21342581.jpg

a0233594_21342654.jpg



そして新しく新入りの木製チェストを設置。

a0233594_21342624.jpg


クローゼット内の服もパンパンだったし、これでちょっと余裕ができました。

せっかくなので、今日はチェスト選びのコツを紹介します。

まず、設置する場所の寸法を測るのは当たり前ですが、

何より重要なのは、容量です。

よくある深さ10cmってのは、はっきり言って下着入れくらいにしかなりません。

内寸12〜14cmは欲しいところです。

より多くの衣類収納にはコンパクトに畳んで、縦置き収納出来る事を想定すると、そのくらいの深さが必要です。


そして奥行。

こちらは内寸38cmはあるといいです。

更に、下段の1〜2段は更に深く15〜20cmあると、セーターなど厚手の衣類収納に役立ちます。

木製家具での材質は桐がNo.1
衣類に虫が付きにくく、呼吸してくれます。
高級なので、お値段もいいですがw

メインのチェストは我が家も桐です。
着物や季節物が安心して片付けておけます。


そして、女性でも引き出しやすいレール付きで、抜け落ち防止のストッパーが入ってると地震の時も少し不安が少なくなりますね。

阪神淡路大震災では、引き出しが真横に飛んで来たとも言いますし…

ついでに、1ポイント。
チェストの引き出しがスムーズに引っ張り出せない!!

って困ってるって事なら、

衣替えの時に一段づつ引き出しを出して、両サイドのレール位置にロウソクの蝋をすり込みましょう。

a0233594_21342793.jpg

a0233594_2134289.jpg


溶かさなくてもいいですよw

クレヨンで塗る様に引き出しの両サイドを蝋を塗るだけです。

これだけで新品の様にスムーズに引き出せます。

抜け落ち防止にはチャイルドロックを取り付ければ問題解決です。

お試しあれ!
[PR]



by marcobox-so | 2013-04-27 07:44

お部屋の片付け方や収納、インテリアのアイデアを紹介していきます。
by marcobox-so
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧